海洋葬の種類と費用について

最近は自分が亡くなった後、海に散骨してほしいと遺言を残す人が増えているようです。

海洋葬とは遺体を火葬した後、遺骨を海に散骨する葬儀の事です。海洋葬には大きく分けて3種類あります。まずは個別散骨です。

1組で船を貸し切り船長と添乗員が同乗して散骨場所まで行き、散骨を行う方法です。

遺族のみで気兼ねなく行うことができます。

費用の目安は船の大きさにより差がありますが、15万円から40万円くらいになります。


もう一つは合同散骨です。

二組から三組程度で船をチャーターする方法です。

千葉の樹木葬の情報はここで調べよう。

何組かで船を借りるため、その分費用は安くなります。費用の目安は10万円から20万円くらいになります。

日程調整などが、身内だけで行う個別散骨と比較すると多少面倒になります。
もう一つは委託散骨です。委託散骨は遺骨を専門の会社に委託して散骨をお願いする方法です。遺族は乗船せず専門の会社に遺骨を預けます。

費用も5万円から10万円と安くなります。



委託を受けた会社は、海洋散骨後、お客様に海洋散骨証明書や写真を送る事が多いです。

珍しいWeblio辞書に注目が集まっています。

費用は目安であり、依頼する会社や乗船人数、使用の船により異なります。
海域や準備する物によっても金額は異なります。
予算としては個別散骨が一番高く、その次に合同散骨、そして一番安いのが委託散骨です。
因みに今の所、海洋葬に関する法律はありませんが、散骨の前に必ず遺骨をパウダー状の粉骨にしておく事が必要で、一定の沖合いの海上で行います。