様々な形式がある永代供養墓

永代供養墓は近年増加傾向にあることから新しいお墓の形として注目されるようになりました。

永代供養墓とは身寄りがない方、お墓を守る人がいない方、特定の宗教に属していない方などが個々のお墓は立てずにお寺に供養や手入れなどすべてお任せするお墓のことです。永代供養墓には合祀墓式と集合墓式、個人墓式がありそれぞれさらに細かく分類されています。

納骨形態も納骨壇に個々に納骨する場合と、骨壺を置く場合、共同のカロートに収納する場合があります。

集合墓や個人墓の場合は個別のカロートに収納することが多いです。
個人墓や集合墓は墓石を置くことができますが、一般のお墓のように大きなものは置くことはできません。あらかじめ墓石が区画内に設置されていることもあります。合祀墓式は地下などに大きなスペースや区画を設け骨壺を置きます。
地上には仏像や様々なモニュメントが飾られていることが多く、暗い雰囲気はありません。

永代供養墓の便利な情報を集めたサイトです。

宗教色をなくそうというお寺も増えており、利用しやすくなっています。

永代供養墓は生前の宗教や宗派に関係なく、無宗教であっても誰でも選ぶことができます。

BIGLOBEニュースについて紹介している良質なサイトの情報はこちらです。

また、生前から予約をしておくことが可能で、自分の希望にあった形式をとることができます。



ただし、納骨堂の中には他の方のお骨も納められているので代々伝わるお墓でなないことに違和感を感じる親族と衝突する可能性もあります。

永代供養墓を選ぶ際は事前に自分の考えや思いを伝えておく必要があります。