永代供養のメリットとは

地理的や問題や年齢、訪れる人など、それぞれの事情により故人やご先祖様への供養が難しくなった場合には永代供養を考えることになります。

永代供養は新しい供養の形としても注目を集めており、そこにはいくつかのメリットがあります。まず、料金が安いことをあげることができます。



永代供養では個々に墓石を建立する必要が無く、そのために、多くは高額となってしまう墓石代が必要なくなります。



費用に関しては寺院などによって違いがありますが、概ね、10万円単位のところが多く、お墓にお金がかけられたい人や、諸事情によってお墓を守ることが負担になっている人、また、親や親族などの遺骨を抱えて困っている人には最適な方法の1つとなります。
次に、監理費などがかからない点があります。

通常のお墓の場合では、節目のお布施や寄付金、また、定期的な墓地管理費となる護持会費などが必要になりますが、永代供養の場合には、一度料金を支払えばその後の費用は発生しないことになり、安心して供養を依頼することができます。

3つ目としては宗派、宗旨、宗教を問わず依頼ができることがあります。
通常、申込ではどのような人でも申込むことができるようになっており、遠くのお墓を近くに移したい場合や、伝統的な慣習にとらわれたくない場合、また、檀家になりたくない場合などでも行なうことができます。

注意点としては、生前申し込みをした場合などには亡くなるまでの年間管理費の発生や、寺院によっては檀家になることが条件となる場合もあり、事前に確認をすることが必要になります。

livedoorニュースについて詳しく知りたいならこちらのサイトがお勧めです。